最近の投稿です!

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

虫歯はないかな?

歯科検診です。歯みがきをしているつもりでも、案外よくみがけていないことも少なくありません。見えないところに、「虫歯」ができているものです。

1年生から順番に、歯医者さんに診てもらいました。子供たちは、「しーっ…」と、静かに順番をまつことができました。(^_^)

<追伸>

旭南小の歯科検診の結果……「う歯(虫歯)なし」の児童:44名(31.2%)、「治療済み」の児童:37名(26.2%)、そして「未治療」の児童が60名(42.6%)です。虫歯があるのに、治療していない児童が多いですね。早めに治療してください。

後日、子供ひとりひとりの歯科検診の結果は、ご家庭にお知らせいたします。虫歯があった場合には、できるだけ早めに治療をするようにお願いします。m(_ _)m

雪男か!山男か!

全校朝会の「今日のお話」は、教頭先生です。

いきなり、なにやら大きなザックを背負っての登場に、子供たちは目を丸くしています。荷物にはいったい何がはいっているのかな? と興味しんしんですね。

若いころから、スキーや山登りが好きな教頭先生です。山で出会う小さな動物の話もしてくれました。

教頭先生が、「この生きものはなんだか分かる?」と子どもたちに質問すると、

「ハムスター!」との声。たしかに、ちょっと見ると、そう見えなくもありません。

この写真では見にくいので、超アップにしてみますと、ほらっ!

とっても可愛い動物と分かりますね。(^o^)

「この生きものは、オコジョと言います」と教頭先生。

写真は、尾瀬の木道の下から姿をあらわした子供「オコジョ」を教頭先生が撮影したものだそうです。なかなか姿を見られず、しかも写真に撮れるのはまれなのが「オコジョ」ですから、これは貴重な写真と言えます。ちなみに、オコジョはいかにもかわいいのですが、実は肉食の小動物ですので、けっこう激しい性格でもあります。はい。

教頭先生のザックからは次々にいろいろな道具が出てきました。

これは、スノーシューですね。日本では「かんじき」と呼ばれているものです。これを付ければ、雪の上でも沈まずに歩くことができます。…、と言っても、教頭先生は、

「このスノーシューでは、教頭先生は体重が100kgなので、埋まってしまいます」と告白。(-_-) 子供たちは、「ええ!!!100キロ!!!!」と驚き、笑っていました。

折りたたみの棒を教頭先生がのばして、

「これは、ゾンデと言います」と言うと、すかさず、子供から、

「えっ?! ゾンビ?」との声。(-_-) すばらしい、反応ですね。(T_T)

雪崩に巻き込まれたときに、仲間を捜すための棒です。こんなものも持っている教頭先生です。

最後に小さな袋から取り出して、拡げたのは、「山に行くときには必ず持っていきます」という、ツェルトです。アクシデントで動けなくなったときに、このツェルトにくるまったり、テントのようにして使ったりします。

体重100kgの教頭先生が、雪の中や山の中に突然あらわれたら、それこそクマもびっくりするかもしれない「雪男」「山男」でしょうね。(>_<)

教頭先生の楽しいお話でした。(^o^)

 

[…]