全アクセス数  100244
今までの訪問者数  11414
今日のアクセス数  8
今日の訪問者数  7
現在の訪問者数 0

2学期授業参観・学級懇談

2学期の授業参観が開催されました。多くの保護者の皆様に授業参観・学級懇談に参加していただきましてありがとうございました。

今日の授業を紹介します。

むかしばなしがいっぱい

二わのことり

かけざん

きいろいベンチ

働くことの大切さをしって

たまちゃん

心と心のあく手

面積

鉾田川について発表しよう

情報社会に生きる私たち

比例と反比例

にこにこショップの準備をしよう

学級懇談の間,児童は体育館で防犯教室を実施しました。

 

[…]

体とこころの学習

4年生対象に,養護教諭による体とこころの学習を行いました。

4年生のこの時期は,体とこころが急激に成長します。

体と心の成長のバランスが崩れやすい思春期を迎える前に, 体や心の事について学習しました。 難しい内容ですが,必要な学習ですので学年に応じて 指導をしていきます。

今日の給食

今日の献立は,ごはん,牛乳,手作り鶏肉の唐揚げ,切り干し大根とひじきの煮物,鮭汁です。 ○みんなで一緒に同じものを食べる意味 家族や友達と一緒に食事をすることは,とても大切なことです。食事の用意や片付けを一緒にしたり,いろいろなことを話したりすることで,心のふれあいが深まります。ことわざに「同じ釜の飯を食う」という言葉があります。これはいろいろな苦労を共にした親しい仲間という意味です。このことわざのように,同じ場所で同じものを食べることで仲間意識が芽生え,一体感が生まれます。家族や友達とより深くふれあえるように一緒に食事を楽しみましょう。

鉾田市学力向上研修会

鉾田市学力向上研修会(理科)が,鉾田小を会場に開催されました。 今日は3年2組の理科の授業を,市内の先生方に公開し,研究協議を行いました。 子どもたちは,多くの先生方が参観している中,いつも通りの態度で授業を行っていました。

1年生にこにこまつり

鉾田幼稚園,ひまわり組の子どもたちを招待して,1年生がにこにこまつりを開きました。 今日まで1年生の子どもたちが一生懸命準備してきました。 この前の校外学習で拾ってきた,どんぐり,まつぼっくり,きれいな落ち葉をつかっていろいろと 楽しめるものを作って交流しました。

今日の給食

今日の献立は,ごはん,牛乳,ぶりのみそ焼き,水菜と大根のサラダ,のっぺい汁です。 ○「さといも」は,実?くき?根? さといもは,土の中にできるから根が大きくなったもののように見えますね。でも実は根ではなく,くきの部分が大きくなったものなのです。さといもができるときは株の中心に「親いも」ができ,そこから「子いも」ができ,さらにその周りに「孫いも」ができます。ひとつの親いもから多くの子いもや孫いもができることからおめでたい食べ物として使われます。

図書委員会の発表

児童朝会で,図書委員会が発表しました。

今日は新刊図書の紹介です。 本の宅配便で,図書委員会の児童が各学級に配本していきます。 たくさん読んでほしいです。

[…]

今日の給食

今日の献立は,食パン,キャラメルクリーム,牛乳,ミートオムレツ,豆とツナのサラダ,さつまいもシチューです。 ○豆なのにまたの名を「畑の肉」 どうして大豆はまたの名を「畑の肉」とよばれているのでしょう。それは,大豆が肉と同じくらいたんぱく質を含んでいるからです。たんぱく質は私たちの骨と筋肉をつくるもとになるとても重要な栄養素です。たんぱく質には動物によるものと植物によるものがあって,大豆には植物性のたんぱく質が多く含まれています。国連総会で2016年は「国際マメ年」と定められました。栄養豊富な豆は世界中で食べられていて,持続可能な食料生産として注目されています。

11月の雪

昨日から雪の予報が出ていました。 雪が降れば実に54年ぶりのことだそうです。 朝学校にきてみると,雨でした。

だんだん雪が交じり始め,あっという間に校庭は真っ白。天気予報的中でした。 ちょっと積もった雪に,子どもたちはおおはしゃぎでした。

さけが帰ってきた

今年もさけが帰ってきました。 生涯学習推進会議の細谷さんが,子どもたちに見せて欲しいと持ってきて下さいました。

さっそく,多目的室に展示しました。 鉾田小学校では,毎年3年生と飼育委員会がサケの卵の管理をしています。 サケは4年後に帰ってくると言われていますので,このサケは今の中学1年生が3年生の時に放流したものです。 体長68cm 重さ5.8kgです。今年のさけは,少し小ぶりでしたが,放流した時と比べて重さで1000倍以上,体長は10倍以上になってます。 オホーツク海,ベーリング海,アラスカ海を回って帰ってきます。 「そんなに遠くから,よく鉾田に帰ってこられるな」と細谷さんも感心していました。