2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

100マス作文:校長先生賞「ドキドキはっぴょうかい,でも,」

1年生,I.Aさんの100マス作文:校長先生賞「ドキドキはっぴょうかい,でも,」という作品です。

s-20170306084826_00001f

「 『ドキドキはっぴょうかい,でも,』

 土よう日に,エレクトーンのはっぴょうかいがありました。リハーサルのときから,ドキドキしました。そして,本ばんがきました。本ばんがきたらすごくドキドキするかとおもいました。でも,ぜんぜんドキドキしませんでした。  」

<校長コメント>

担任の先生も題名の工夫を言っていますが,「・・でも,」というタイトルは意表とついています。読む人に「なんだ? この題は? 読みたい!」という気持ちを起こさせます。ちなみに,元祖仮面ライダーの「藤岡弘、」さんは名前に「、」が付いています。理由は「昔の武将は一度”、”を打って決意した。周囲に流されることなく立ち止まり自分を見つめる」という覚悟と、「『我未だ完成せず』との意味を込めて」芸名の最後に「、」を付けたとのこと。「、」にも意味があるわけです。あ! 話がそれました。(-_-)

それにしても,リハーサルの時には「ドキドキ」しているのに,「本ばん」になったら「ぜんぜんドキドキしませんでした。」というのはすごいですね。まさに「本ばんに強い!」というのでしょう。本ばん前に「ドキドキ」を使い果たしてしまったのかもしれませんね。(*^。^*) 担任のコメントに「きっと,気もちよくえんそうできたのでしょう。」とありますが,おおぜいの人に見られることがかえってよかったのかもしれません。スター性があるのでしょう。ドキドキを超えて最高の演奏ができたこと,それがすばらしいですね。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>